第2回 ジャズフェスティバル in 三原 – SETOUCHI JAZZ CASTLE '17

【瀬戸内三原城築城450年PR】戦国三原ジャズバンド甲冑演奏

14:20-14:50【本丸(1階ホワイエ)】

戦国三原ジャズバンド

中島美穂(as),三次勇気(g),槙原勇二(b),中野まちこ(ds)

SengokuJazz_Photo_2016Nov_s

2016年2月、三原神明市開催期間中で賑わう三原駅構内にてライブデビュー。見るからに日本の歴史を背負った甲冑を着て、聴くからに米国の歴史を背負ったジャズを演奏するバンドは強烈なインパクトを放ち、観衆の注目を集めた。

4人のメンバーは元々2013年より三原市を中心に演奏活動を始め、これまで70回以上のセッションを重ねている実力者。
2016年2月には4人が中心となりジャズイベント『SETOUCHI JAZZ CASTLE(セトウチジャズキャッスル)』を三原市芸術文化センターポポロにて開催。市内外から15組のジャズバンドと、約500名の有料入場者を集めた。
ジャズという音楽の”自由度” “楽しさ”“奥深さ”などの魅力を老若男女に伝え、継承する活動として2017年以降も継続していく。

甲冑を着ることで普段では考えられないようなアグレッシヴなフレーズが飛び出す一面もあれば、重さと可動域が制限される中で戦国時代の武士の心中を思い、静かに集中し無心にもなれる。このグループでの演奏はメンバーにとって、己と向き合う戦いでもある。

瀬戸内三原築城450年記念年を迎える三原市において、ジャズなどの音楽文化の定着と発展、観光促進の一助となるよう活動を行って参ります。

PAGETOP
Copyright © SETOUCHI JAZZ CASTLE '17 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.